8地域がIR申請予定・検討中 観光庁のIR意向調査

  • 2019年10月10日

 観光庁が都道府県と政令市を対象に9月9~19日の期間に実施したIR(統合型リゾート)の区域整備計画の認定申請に関する意向調査の結果、北海道、千葉市、東京都、横浜市、名古屋市、大阪府・市、和歌山県、長崎県の8地域から、「認定申請を予定または検討している」との回答があった。

 IR誘致を目指す自治体は、政府が今後決定するIR整備に関する基本方針に即して実施方針を策定し、公募で選定したIR事業者と共に区域整備計画を申請する。政府は基本方針に示す基準を基に区域整備計画を審査し、最大3カ所の開業地域を選ぶ。

 IR整備に関する基本方針案は、観光庁が9月4日に公表し、パブリックコメント(一般意見公募)を実施したが、区域整備計画の申請期間の部分は「検討中」として未定となっている。観光庁では、申請期間の設定について検討するため、自治体の意向、準備状況を把握する必要があり、調査を実施した。

 意向調査の結果は、赤羽一嘉国土交通相が9月24日の会見で明らかにした。赤羽国交相は「(申請を予定・検討していると回答した)自治体に観光庁がヒアリングを行い、その準備状況を把握した上で、認定申請の時期の設定や基本方針の策定など、所要の準備を着実に進めていきたい」と述べた。

 IRに関して政府は今後、カジノ事業の監督機関「カジノ管理委員会」を内閣府の外局として立ち上げた後に、IR整備の基本方針を正式決定する予定。

関連する記事

静岡県ホテル旅館生活衛生同業組合はこのほど、組合員旅館・ホテルのMICE(会議、研修、スポーツ合宿)受け入れ体制を紹介する冊子「静岡県に泊ってMICEのご案内」=写真=を…

続きを読む

JAFが自治体交流会

  • 2019年10月20日
  • NEW!

観光協定の締結地域が参加 日本自動車連盟(JAF)は9月27日、東京都内でJAF自治体交流会を開催した。この交流会は、JAFと観光協定を結んでいる全国の自治体関係者が参加…

続きを読む

「沿道花いっぱい運動」への取り組み 北海道の函館湯の川温泉旅館協同組合は、温泉街の道路に花を植える「沿道花いっぱい運動」に取り組んでいる。花をバックに観光客が記念写真を撮…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

 英語応対能力検定

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube