2018年日本人の国内旅行消費額、2.8%減の20.5兆円 観光庁統計

  • 2019年3月5日

延べ旅行者数、全四半期で減少

 2018年の日本人の国内旅行消費額(観光、業務、帰省など)は、前年比2.8%減の20兆5160億円となった。観光庁が2月20日に発表した旅行・観光消費動向調査の速報値。ガソリン代や宿泊費の上昇などの影響で旅行単価はアップしたが、日並びの悪さや自然災害、天候不順などの影響を受けて年間を通じて旅行者数が減少し、旅行消費額は4年ぶりに前年の実績を下回った。

 18年の旅行消費額のうち宿泊旅行は前年比1.5%減の15兆8326億円、日帰り旅行は同6.9%減の4兆6834億円だった。宿泊旅行、日帰り旅行の両方がそれぞれ4年ぶりに前年の実績を下回った。

 18年の延べ旅行者数は、前年比13.0%減の5億6316万人。うち宿泊旅行が同9.7%減の2億9188万人、日帰り旅行が同16.3%減の2億7128万人。全四半期で宿泊、日帰りともに延べ旅行者数が前年同期に比べて減少した。

 四半期別の延べ旅行者数は、1~3月期が宿泊で3.7%減、日帰りで12.3%減。4~6月期はゴールデンウイークの日並びの悪さ、桜の開花時期の早まりなどが影響したとみられ、宿泊で12.3%減、日帰りで15.9%減だった。

 延べ旅行者数は夏以降も前年同期を下回って推移。7~9月期が自然災害、猛暑、日並びなどの影響によって宿泊で8.0%減、日帰りで19.2%減だった。10~12月期は速報値だが、日並びや悪天候などの影響で宿泊が14.9%減、日帰りが16.9%減となった。

 延べ旅行者数は減少したが、18年の1人1回当たりの旅行単価は、宿泊旅行が前年比9.1%増の5万4243円、日帰り旅行が同11.2%増の1万7264円と上昇した。宿泊旅行、日帰り旅行ともに全四半期で前年同月の実績を上回った。特に7~9月期は宿泊費やガソリン代の上昇で宿泊が13.9%増、日帰りが18.6%増となった。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram