2月の宿泊者数、国内・訪日ともに増加 観光庁2次速報

  • 2019年5月23日

35都道府県がプラス

 観光庁が4月26日に発表した宿泊旅行統計調査の結果、2019年2月の宿泊施設の延べ宿泊者数(第2次速報)は、前年同月比8.3%増の3982万人泊となった。内訳では日本人延べ宿泊者数が5.9%増の3155万人泊、外国人延べ宿泊者数が18.8%増の827万人泊で、いずれも2月としては調査開始(07年)以降で過去最高だった。外国人延べ宿泊者数が全体に占める割合は20.8%だった。

 延べ宿泊者数は、前年同月に比べて35都道府県がプラスだった。延べ宿泊者数が多い上位5位は、(1)東京都(14.5%増の494万人泊)(2)大阪府(22.6%増の347万人泊)(3)北海道(3.4%増の317万人泊)(4)沖縄県(25.5%増の206万人泊)(5)千葉県(11.9%増の194万人泊)。

 外国人延べ宿泊者数に限ると、42都道府県が前年同月の実績を上回った。外国人延べ宿泊者数の上位5位は、(1)東京都(34.7%増の174万人泊)(2)大阪府(30.5%増の137万人泊)(3)北海道(13.2%増の119万人泊)(4)沖縄県(16.3%増の46万人泊)(5)京都府(6.5%増の39万人泊)。

 外国人延べ宿泊者数の前年同月比の伸び率を都市、地方で比較すると、三大都市圏(東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、大阪、京都、兵庫の8都府県)が24.6%増、地方部(三大都市圏以外)が12.8%増だった。

 外国人延べ宿泊者数を国・地域別に見ると、最多の中国が20.2%増の239万人泊で全体の32.4%を占めた。続いて韓国が17.5%増の120万人泊、台湾が5.3%増の113万人泊、香港が12.6%増の56万人泊、米国が20.4%増の32万人泊だった。

調査対象変更に注意

 観光庁の宿泊旅行統計調査は、全国の全ての宿泊施設における実績を推計しているが、調査対象の宿泊施設の母集団の名簿が2019年1月分の調査から新たになったため、前年同月との比較には注意が必要だ。

 参考として新旧いずれの名簿にも存在する施設で算出した19年2月(第2次速報)の延べ宿泊者数の前年同月比は1.5%増(日本人0.4%増、外国人6.6%増)、客室稼働率の前年同月比は0.6ポイント増となる。今後公表される確定値では精度が上がった数値が算出される。

 

関連する記事

全国旅行業協会(ANTA)は、6月18日に発生した山形県沖地震の影響により観光客が減少している新潟県と山形県に対する観光復興支援を開始した。観光庁や両県からの支援要請に応…

続きを読む

総務省はこのほど、サービス産業動向調査の2018年拡大調査の結果(速報)を公表した。「宿泊業、飲食サービス業」の2017年の年間売上高は28兆2091億9700万円で、前…

続きを読む

全国修学旅行研究協会(全修協、岩瀨正司理事長)は7月26日、東京の学士会館で第36回「全国修学旅行研究大会」(観光経済新聞社など後援)を開いた。「中高一貫6年間を見通した…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube