JR東、鉄道運行情報とワーキングスペースの利用情報を活用した実証実験

  • 2022年2月14日

検索画面

 日立製作所、JR東日本、野村不動産は3日、鉄道運行情報とワーキングスペースの利用状況などを活用した実証実験を始めた。個人に合わせた移動と利用をワンストップで提供し、計画から選択へのシフトを実現する。今月28日まで。

 実証実験は、JR東日本が提供する運行情報、野村不動産が提供するサテライト型シェアオフィス「H1T」、日立が提供するマッチングおよびデジタルサイネージの基盤技術とライフログ活用の知見を組み合わせて実施。ワーキングスペースなどのデジタルサイネージへ運行を表示する「運行関連コンテンツ提供サービス」(対象者は、設置施設の利用者)と、ワーキングスペースの検索、予約情報の提供を行う「マッチングサービス」(同、日立グループ従業員約100人)の2サービスの検証を行う。

 「提案内容を選択するだけで実行が可能。『計画から選択へのシフト』という新たなユーザーを創出できる」と関係者。

 実証実験後は、ニーズ、サービス性を調査、検証し、商用サービス化に向けて検討を進める予定。


検索画面

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram