JTB中間決算、営業損益は331億円の赤字 純損益は67億円

  • 2021年12月9日

山北社長

 JTBは11月19日、JTBグループの2022年3月期中間連結決算を発表した。新型コロナウイルス感染症の影響を大きく受け、営業損益は330億7900万円の赤字(前年度は710億7千万円の赤字)、経常損益で260億2800万円の赤字(同580億300万円の赤字)となったが、赤字額はそれぞれ縮小。本社ビルを含む不動産売却などによる特別利益を計上し、純損益は67億3300万円の黒字(同781億7200万円の赤字)となった。

 連結対象会社数は国内29社、海外98社、持分法適用会社21社の計148社。従業員数は2万618人(20年9月末より5613人減)。
 売上高は前年度比38.5%増(前々年度比73.8%減)の1798億4500万円。国内旅行やイベント需要が低調に推移し、海外、訪日旅行も厳しい状況が続いたが、旅行外需要の拡大により前年度を上回った。特に法人の会議・イベント運営、プロモーション支援などのソリューション事業が大きく拡大した。

ペイウォール会員向け記事です。

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら