ANAホールディングス、最終利益670億円減 通期連結業績を修正

  • 2020年4月29日

 ANAホールディングス(HD)は20日、2020年3月期(19年4月1日~20年3月31日)の通期連結業績予想を修正し、当期純利益を当初予想の940億円から670億円の減少となる270億円とした。前期は1107億7700万円の利益を計上していた。

 同社は第4四半期(20年1月1日~3月31日)、新型コロナウイルス感染拡大による世界各国の入国制限や日本国内における移動自粛などの影響を強く受けていた。

 修正後の通期連結業績予想は、売上高が前回発表比5.7%減の1兆9700億円、営業利益が同57.1%減の600億円、経常利益が同57.7%減の580億円、当期純利益が同71.3%減の270億円。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram