1月の宿泊者1%減、観光庁統計

  • 2018年4月17日

旧正月移動が訪日に影響 26都府県がマイナス

 観光庁がこのほど発表した宿泊旅行統計調査の結果、今年1月の宿泊施設の延べ宿泊者数(第2次速報値)は、前年同月比1・0%減の3573万人泊となった。日本人の延べ宿泊者数が微減。外国人の延べ宿泊者数は1月としては過去最高だったが、昨年は1月末だった中華圏の旧正月時期が今年は2月に移ったため、伸び率が抑えられた。都道府県別では、26都府県が前年同月の実績に届かなかった。

 延べ宿泊者数の内訳は、日本人が1・5%減の2945万人泊、外国人が1・1%増の627万人泊。全体に占める外国人の割合は17・6%だった。

 延べ宿泊者数全体の上位5位の都道府県を見ると、(1)東京都425万人泊(2・8%減)(2)北海道299万人泊(8・8%増)(3)大阪府263万人泊(5・6%増)(4)千葉県174万人泊(5・9%増)(5)静岡県164万人泊(13・4%増)。6~12位の長野、沖縄、神奈川、愛知、福岡、京都、兵庫の7府県の延べ宿泊者数は、いずれも前年同月の実績に対してマイナスだった。

 外国人延べ宿泊者数に限ると、前年同月の実績に対してプラスは29道府県、マイナスは18都府県となった。旧正月時期の移動が影響したとみられ、三大都市圏(東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、大阪、京都、兵庫の8都府県)は2・4%の減少となった。一方で地方部(三大都市圏以外)では5・4%の増加だった。

 外国人延べ宿泊者数の上位5位の都道府県を見ると、(1)東京都132万人泊(4・9%減)(2)大阪府104万人泊(13・6%増)(3)北海道91万人泊(2・8%増)(4)沖縄県31万人泊(12・6%減)(5)京都府29万人泊(21・9%減)。

 国・地域別に外国人延べ宿泊者数を見ると、中国が14・4%減の141万人泊で最多、全体の24・5%を占めた。以下は韓国が25・1%増の124万人泊、台湾が6・7%減の81万人泊、香港が12・1%減の46万人泊、米国が0・5%減の28万人泊、豪州が11・4%増の26万人泊、タイが10・6%増の23万人泊などだった。


関連キーワード

関連する記事

国土交通省はこのほど、今年の観光関係功労者国土交通大臣表彰の受賞者を発表した。観光関係事業に長年にわたって精励し、功績が顕著な21人を表彰する。表彰は4月23日付。 受…

続きを読む

観光施策の財源確保に向けて出国旅客に課税する国際観光旅客税法案が11日、参院本会議で賛成多数で可決、成立した。税収の使途などを定めた外客容易法の改正案も10日に成立。来年…

続きを読む

観光庁の「『楽しい国日本』の実現に向けた観光資源活性化に関する検討会議」はこのほど、訪日外国人旅行者の「コト消費」の拡大に向けて体験型コンテンツを充実させる方向性を提言に…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?