青森県八戸圏域、東京のJR高架下に交流プラザオープン

  • 2020年10月8日

 青森県八戸圏域(南部地方)の魅力を発信する八戸都市圏交流プラザ「8base(エイトベース)」がこのほど、東京のJR有楽町駅から新橋駅間の高架下空間を活用したエリア「日比谷OKUROJI」内にオープンした=写真。

 八戸圏域は八戸市、三戸町、五戸町、田子町、南部町、階上町、新郷村、おいらせ町8市町村で構成。

 エイトベースでは圏域の特産品販売や旬の食材を使った創作郷土料理、地酒などが楽しめるほか、交流イベントも開き、「東京にいながら八戸圏域の魅力をより身近に味わうことができる拠点となる」という。9月26日には、南部弁をテーマにトークセッションや意見交換を実施。

 営業時間は午前11時~午後8時。広さは約140平方メートル。

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら