阪急交通社、新型豪華バスを導入 「日本一周の旅」で使用

  • 2019年1月9日

 阪急交通社は12月17日、新型車両の豪華バス2台を導入すると発表した。4月から催行する「日本一周の旅」で使用する。ゆとりと快適性を重視し、座席数は18席に抑えた。バスを移動手段でなく、乗ること自体を楽しんでもらい、新たな需要を開拓する。

 このバスは「クリスタルクルーザー『菫(すみれ)』」=写真。JR東日本の豪華寝台列車「トランスイート四季島」などを手掛けたケン・オクヤマ・デザインがデザインを担当し、任命した。製造は日野自動車に発注、運行管理はケイエム観光バスが行う。

 座席は横3席×6列の18席でゆとりを持たせ、リクライニングシートは最大129度まで調整可能で、レッグレストも付けた。車内からの眺望を楽しんでもらうため頭上の荷棚をなくし、ハンドバッグなどの手荷物を入れる収納を座席の前に設けた。Wi―Fiも完備。また、緊急時に自動で停車させるEDSS(ドライバー異常時対応システム)も搭載し、安全確保に努めた。

 日本一周の旅は東日本編と西日本編の2コースで、1月4日から発売。東日本編の場合、出発日は4月16日、5月8日、6月3日、7月1日、8月20日、9月3日、10月9、21日。旅行代金は98万円。

 同社は、「菫を利用した短期間の宿泊ツアーや日帰りツアーの発売も予定している」と話している。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram