野口観光の職業訓練校、39人が卒業 プロへの第一歩

  • 2021年3月28日

式辞を述べる野口秀夫学院長(野口観光グループ社長)

 野口観光グループ(北海道登別市)は13日、宿泊業の人材養成を図るため設置した職業訓練校「野口観光ホテルプロフェッショナル学院」の第2回卒業式を北海道苫小牧市の校舎で行った。総合ホテル学科の2期生26人と総合調理学科の1期生13人の計39人が2年間の課程を修了して卒業。プロへの第一歩を踏み出した。

 野口秀夫学院長(野口観光グループ社長)は、両学科の代表に「おめでとう」と声を掛けて卒業証書を授与。「新型コロナで制約がある中、工夫しながら学院生活を送ってくれた」と述べ、「これからの時代には、困難だからすぐ駄目だとあきらめるのでなく、どうしたらやれるかを追求していくことが大事だ。旅は人々の生活に潤いをもたらす上で欠かせない。今の危機を乗り越えたときには、これまで以上の観光業界になると確信している。若い皆さんの力を発揮してほしい」と式辞を述べ、卒業生たちを激励した。

 これを受けて、卒業生代表の高草木颯さんが2年間の感謝と今後への決意を込めて答辞。卒業生全員で作成した記念アルバムを野口学院長に手渡した。

 両学科の卒業生39人は、ほぼ全員が野口観光グループの社員として残り、4月から各ホテルに配属されて、プロのホテリエや調理師として勤務する。

 同学院は、2年制の職業訓練校で2018年4月に開校。総合ホテル学科(定員30人)と翌年に増設された総合調理学科(同20人)の2学科で、入学金、授業料は無料。入学生は、野口観光グループの社員として給与を受けながら、それぞれの学科で必要な基礎・専門知識や専門技術を学び、資格取得などを行う。

 現在、学院には2年次に進む44人が在籍している。2月には新1年生として総合ホテル学科に30人、総合調理学科に18人が入学する。

式辞を述べる野口秀夫学院長(野口観光グループ社長)

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram