路線バスでスマホ決済 北海道運輸局が実証実験

  • 2018年12月20日

バス車内でQRコードを利用する中国人旅行者

 国土交通省北海道運輸局と道南バス(室蘭市)は11月19日から、登別・洞爺地区の路線バスでスマートフォンを活用した中国の決済サービス「ウィーチャットペイ」の導入に向けた実証試験を始めた。

 JR登別駅と登別温泉、JR洞爺駅と洞爺湖温泉を結ぶ2区間で来年2月末まで実施し、利用者の状況や運転手の負担軽減などを検証する。路線バスでのスマートフォン決済の導入は全国初の試み。

 運賃は大人340円、小学生170円の定額制で、利用者はバス停や車内に掲示したチケット購入用QRコードをスマートフォンで読み込み、人数などの情報を打ち込んだ画面を降車時に提示し、運転手が確認して決済する。

 北海道を訪れる中国人旅行者は昨年度67万人でインバウンド全体の約25%を占めている。その多くが自国内でQRコード決済を利用していることから、運輸局ではこうした決済手段への対応など地域の環境整備に力を入れており、9月から小樽市の観光施設や登別市とニセコ町の医療機関での実証試験も行っている。

 道南バスは実証試験の状況について「中国人乗客の半数ほどが利用している。中国の方は紙幣で運賃を払うことが多く、降車時に両替作業で時間も掛かっていたが、大幅な改善につながっている」と話し、今後、本格的な導入を検討したいとしている。


バス車内でQRコードを利用する中国人旅行者

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube