観光庁、資源磨き上げの実証事業を公募

  • 2020年7月16日

 観光庁は6月26日、「誘客多角化等のための魅力的な滞在コンテンツ造成」実証事業の公募を始めた。観光イベント、観光資源の集客力強化などに向けて市町村やDMOなどが取り組む実証事業を支援する。新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から「新しい生活様式」を意識することも要件。募集期間は7月20日まで。

 支援額は1件当たり2千万円が上限。選定件数や事業内容に応じて金額を決める。選定件数は応募状況などによるが、新型コロナウイルスの状況などを踏まえて追加公募を実施する予定。広域的なエリアではなく、市町村単位を基本に自治体、DMO、事業者などが連携した取り組みを対象とする。公募への申請者は事業の主体となる団体。

 事業の内容は、地域の自然や歴史、文化、食などの観光資源や、ガイド付きミニツアーなどを含むイベントの集客力などを強化する取り組み。国内居住者を主なターゲットに、将来的にはインバウンドにも活用する。

 支援対象の経費は、滞在型コンテンツや共通クーポン、旅行商品などの企画開発費、イベントの企画・実施費、プロモーションや情報発信にかかる経費、課題抽出のモニタリング経費、効果検証のアンケート調査費など。

 有識者で構成する委員会を経て選定。8月中旬には選定結果を通知する。観光庁のホームページに公募要領などが掲載されている。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram