草津温泉が19年連続トップ 第35回にっぽんの温泉100選

  • 2021年12月20日

2位の下呂は特別賞も

 旅行会社やOTAの投票によって決まる第35回「にっぽんの温泉100選」(主催・観光経済新聞社)は、草津温泉(群馬県)が第17回から19年連続となる1位に輝いた。コロナ禍にあっても草津温泉の人気は変わらなかった。下呂温泉(岐阜県)が前回の3位から2位に浮上。入れ替わって前回2位の別府八湯(大分県)が3位となった。温泉100選と同時に実施された21年度「人気温泉旅館ホテル250選」も決定した。(7面ににっぽんの温泉100選全ランキング、14面に人気温泉旅館ホテル250選)

 にっぽんの温泉100選は、旅行のプロである旅行会社やOTAなどの投票によって旅行者に人気のある温泉地を探るのが目的。併せて、全国各地の温泉地が上位を目指して競い合い、地域の魅力づくりの活動がさらに活発化することも期待している。

 後援は観光庁と日本旅館協会、全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会、日本温泉協会、日本旅行業協会、全国旅行業協会、日本観光振興協会、日本政府観光局、公益財団法人日本交通公社。国内観光関連の主要な団体が後援する、にっぽんの温泉100選は、「観光業界が認めた温泉ランキング」と言えよう。

 投票方法は、JTBやKNT―CTホールディングス、日本旅行、東武トップツアーズなどの旅行会社と、じゃらんnetや楽天トラベルといったOTAに投票はがきを配布。投票期間は7月1日から10月末までで、今回はWEBからの投票も可能とした。有効はがき枚数は3473枚(同5761枚)。このうち約10%がWEB投票。1枚のはがきに最大5カ所の温泉地を記入できることから、総投票数は1万3258票(同2万1735票)となった。投票数の減少は、コロナ禍で大手を中心に旅行会社で人員削減が行われたことが影響したと見られる。

 1位の草津温泉は、「日本三名泉」の一つとして抜群の知名度を誇る。温泉の質の良さを強くアピールしている。地域の魅力づくりに継続的に取り組んでいることが温泉100選トップに長く君臨している理由の一つで、6月には新たに整備した観光エリア「裏草津・地蔵」が完成した。

 下呂温泉が2位となるのは、17年の第31回以来4年ぶり。今回は、併せて、地域活性化に熱心な温泉地や宿泊施設などを顕彰する「実行委員会特別賞」も受賞。「下呂未来創造プロジェクト」による脱炭素宿泊プランやEVバス導入などSDGs推進の取り組みが、選考した実行委員から高く評価された。

 3位の別府八湯は、「別府」「浜脇」「鉄輪」など別府市内の八つの代表的な温泉地の総称。泉質や雰囲気の異なる温泉を楽しめる。湧出量は日本一。

 4位は道後温泉(愛媛県、前回6位)、5位が箱根温泉(神奈川県、同7位)、6位が登別温泉(北海道、同9位)で、それぞれ前回よりも順位を上げた。7位の有馬温泉(兵庫県、同4位)、8位の指宿温泉(鹿児島県、同5位)はそれぞれ3ランクダウン。9位は前回10位の由布院温泉(大分県)。昨年12位の和倉温泉(石川県)が10位となった。トップ10の顔ぶれはほとんど変わらないものの、1位の草津温泉を除き、トップ10内で激しい順位争いが行われた。

人気温泉旅館ホテル250選も決定

 人気温泉旅館ホテル250選は、温泉100選とともに実施している温泉旅館・ホテルの人気投票。一つの温泉地の中で、同じ企業グループに属する宿泊施設が2軒以上、入選基準を満たした場合には全ての宿泊施設をまとめて「1選」としている。このため今回は270軒(前回270軒)が入選。初入選は11軒(同8軒)、落選は35軒(同32軒)だった。
5回以上の入選を果たした優秀旅館・ホテルには「5つ星の宿」の称号を贈っている。今回の5つ星の宿は232軒(同234軒)。初の5つ星は5軒(同6軒)だった。

 21年度の入選施設への認定証授与式は来年1月14日に東京の浅草ビューホテルで開催する。

 ◎にっぽんの温泉100選実行委員会メンバー(順不同)=佐藤英之・日本旅館協会専務理事▽市川正・全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会専務理事▽関豊・日本温泉協会専務理事▽高井晴彦・日本旅行業協会国内・訪日旅行推進部長▽菊池辰弥・全国旅行業協会調査役▽久保田穣・日本観光振興協会理事長▽佐々木隆博・日本政府観光局地域連携部長▽山田雄一・公益財団法人日本交通公社観光政策研究部部長▽積田朋子・観光経済新聞社社長


実行委員会による審査会

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram