総額1.1兆円、単価14万4082円 4~6月の訪日旅行消費、観光庁1次速報

  • 2018年9月4日

 観光庁がこのほど集計した訪日外国人消費動向調査の結果、2018年4~6月期の訪日外国人の旅行消費額(1次速報値)の総額は1兆1233億円となった。このうち一般客(クルーズ客以外)の旅行消費額が1兆960億円、クルーズ客の旅行消費額が273億円だった。一般客の1人当たり旅行支出(1次速報値)は14万4082円となった。

 18年1~3月期の調査から方法が変更されたため、過去の実績との比較には注意が必要だが、旅行消費額は前年同期比4.2%増、一般客の1人当たり旅行支出は同3.5%減となった。

 旅行消費額を国・地域別に見ると、中国が3620億円で全体の32.2%を占めた。次いで台湾が1502億円、韓国が1302億円、米国が846億円、香港が819億円など。

 費目別では、買い物代が3893億円(構成比34.7%)、宿泊費が3203億円(同28.5%)、飲食費が2560億円(同22.8%)、交通費が1177億円(同10.5%)、娯楽等サービス費が393億円(同3.5%)など。

 一般客の1人当たり旅行支出14万4082円を費目別の内訳について見ると、買い物代が4万7805円、宿泊費が4万2107円、飲食費が3万3495円、交通費が1万5415円、娯楽等サービス費が5148円など。

 クルーズ客の1人当たり旅行支出は4万501円となった。費目別の内訳は、買い物代が3万8058円、飲食費が1722円などだった。

関連する記事

観光庁はこのほど、住宅宿泊事業法(民泊新法)に基づく住宅宿泊事業者(民泊事業者)の2018年8月1日~9月30日の宿泊実績を発表した。届け出住宅1件当たりの宿泊日数(宿泊…

続きを読む

経済産業省はこのほど、特定サービス産業動態統計調査の9月確報を公表した。対個人サービス業の趣味・娯楽関連5業種の売上高は、遊園地・テーマパーク(TP)とパチンコホールの2…

続きを読む

観光庁の「世界水準のDMOのあり方に関する検討会」(座長・矢ケ崎紀子東洋大学国際観光学部国際観光学科教授)の第2回会合が11月28日に開かれた。日本版DMOの登録法人を対…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube