県民割、各地で停止 GoTo再開遠のく

  • 2022年1月31日

観光庁の和田長官(19日の専門紙会見で)

観光庁和田長官「観光への影響注視」

 オミクロン株の感染急拡大に観光需要喚起策が翻弄(ほんろう)されている。国の地域観光事業支援を活用して都道府県が実施する「県民割」事業は、隣接県が誘客範囲に追加されたが、まん延防止等重点措置が1月27日時点で34都道府県に適用されるなど感染状況が悪化したため、各地で事業が停止される事態となった。全国規模のGo Toトラベル事業は、昨年の時点では早ければ1月下旬にも再開が見込まれていたが、感染状況が落ち着くまではスタートを切れそうにない。

 観光庁は昨年11月19日、「県民割」事業の誘客範囲に隣接県追加を認めたほか、年末年始の感染状況を確認した上で、「県民割」事業の地域ブロックへの拡大、Go Toトラベル事業の再開を目指す方針を発表した。緊急事態宣言が明けた昨年10月以降、国内旅行需要は回復傾向にあり、キャンペーンによる後押しを観光産業は期待したが、年末以降、オミクロン株の感染が短期間で広がり、状況が一変した。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram