熊本・群馬が人気 日本旅行、夏休みの旅行動向

  • 2019年7月20日

 日本旅行はこのほど、夏休みの旅行動向を同社のツアー予約状況などからまとめた。国内旅行ではデスティネーションキャンペーン(DC)中の熊本県や、涼を求める人々でにぎわう群馬県などが人気という。

 前年同期比で人気が上昇している都道府県別ランキング(宿泊数が少ない都道府県は除外)は、1位熊本、2位群馬、3位福岡、4位大阪、5位愛知。熊本は貸し切り専用列車などDCに合わせた特別企画が好評のほか、熊本市内、黒川、人吉などの温泉地も人気。

 群馬は夏でも最高気温が25度に満たない草津温泉の人気が復活。福岡は新しい元号令和ゆかりの地、坂本八幡宮が話題になっている。

 都道府県別の宿泊者数ランキングは、1位沖縄、(前年1位)2位北海道(同5位)、3位東京(同2位)、4位大阪(同4位)、5位千葉(同3位)―の順。前年の5位から2位に上昇した北海道は、知床での長期滞在などが人気だ。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram