東北観光推進機構が人材育成 第3期に40人入塾

  • 2018年7月7日

 東北観光推進機構(会長=小縣方樹・JR東日本副会長)は25日、仙台市のホテルメトロポリタン仙台で「第3期フェニックス塾入塾式」を開いた。東北の観光スペシャリストを育成する塾で、今期は40人が入塾した=写真。

 フェニックス塾は、地域で観光振興策を企画、立案する構想力と、それらを実践する行動力の養成を目指す。2016年度に開始。1期生39人、2期生34人が東北各地で活躍している。

 塾は今後、東北6県と新潟県のインバウンド誘客の拠点地域での開催を計画。来年3月まで8回の講義を予定している。

 入塾式で小縣会長は「DX(デジタル・トランス・フォーメーション=IT情報技術などによる変革)で産業に100年に一度の変化が起きている」などと述べ、観光振興にも新たな視点が必要と指摘した。

 また、同機構の紺野純一専務理事が「東北観光推進機構の取り組み」と題して講演。東北観光の現状と課題を説明した。

関連する記事

静岡県伊東市の宇佐美観光会は6月26日、夏休みの海水浴などをPRする「伊東市(宇佐美)観光キャンペーン」を東京都千代田区の東京交通会館で開催した。観光地の紹介や特産品の販…

続きを読む

鳥取県、島根県、JRグループが主催する「山陰デスティネーションキャンペーン(DC)」が1日に開幕した。オープニングセレモニーや「山陰DCオープニング記念号」出発式、観光列…

続きを読む

新潟県の物産をPRする「うまさぎっしりにいがた物産展」が4日、東京の自民党本部玄関前で行われた。6月10日に当選、12日に就任した花角英世知事が訪れ、国会議員、秘書らに県…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

長澤まさみさん「Meet Colors! Taiwan」CM発表会