東北観光推進機構、第4回「フェニックス塾」 塾生80人がインバウンド学ぶ

  • 2018年11月4日

 東北観光推進機構(小縣方樹会長=JR東日本副会長)は10月19日、山形市のホテルキャッスルで今年度4回目のフェニックス塾を開いた。観光庁の伊地知英己・国際観光課長=写真=を講師に招き、「データで見る東北・インバウンドの嗜好や動向調査などから見えること」と題した講演を聞いた。塾生ら約80人が参加した。

 伊地知氏は観光立国の意義、インバウンドの現状をはじめ、最近の観光施策や地域の取り組み事例を紹介。「観光は国の成長戦略の柱であり、地域発展の鍵。自らの文化、地域への誇りを持つことからスタートする」と指摘した。

 同塾は東北の観光に関わる人材育成を目的に2016年にスタート。現在の塾生は3期生となる。

 次回の塾は、地震で大きな被害があった北海道の観光振興を図るため急きょ開催場所を変更し、函館で開催する。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram