月次支援金、宿泊業も対象 政府、6月中旬に受付開始

  • 2021年5月26日

 政府は、新型コロナウイルスの感染拡大で4月以降の緊急事態宣言の発令、まん延防止等重点措置に伴う、外出自粛や休業・時短営業の影響を受けた中小企業や個人事業者に「月次支援金」を給付する。今年1月の宣言発令時に実施された「一時支援金」の仕組みを活用し、手続きを簡略化。経済産業省は18日、制度内容を公表した。要件を満たせば、地域を問わず宿泊業、旅行業なども対象となる。6月中旬以降に申請の受け付けを始める予定。

 緊急事態措置、まん延防止等重点措置が実施された月で、外出自粛などの影響を受け、月間の売り上げが前年比または前々年比で50%以上減少したことが要件。月ごとの給付額の上限は、中小法人などが20万円、個人事業者などが10万円。

 要件に合致すれば、事業者の所在地、業種を問わず給付対象。旅館・ホテルや観光施設、旅行業、タクシーなども給付対象の例に挙げられている。

 申請には、商工会や商工会議所、税理士、中小企業診断士、行政書士などの「登録確認機関」の事前確認を受ける必要があるが、「一時支援金」の受給者は必要なく、必要書類も少なくて済む。

 申請期間は、4・5月分が6月中旬~8月下旬、6月分の7月1日~8月31日の予定。

 月次支援金の詳細は、コールセンターTEL(0120)211240。またはホームページ(https://www.meti.go.jp/covid-19/getsuji_shien/index.html)まで。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram