景気緩やかに回復、豪雨の影響に留意 7月の月例経済報告

  • 2018年8月2日

 政府は7月19日、7月の月例経済報告を決定した。景気の基調判断は「緩やかに回復している」と、前月の判断を据え置いた。同様の判断は今年1月から7カ月連続。ただ、「平成30年7月豪雨の経済に与える影響に十分留意する必要がある」としている。

 項目別では、住宅建設で前月の「弱含んでいる」から「おおむね横ばい」に上方修正。企業の業況判断は「改善している」から「おおむね横ばい」に下方修正した。

 個人消費は「持ち直し」、設備投資は「緩やかに増加」、雇用情勢は「着実に改善」など、ほかの主要項目は前月から据え置いた。

関連する記事

観光庁、スポーツ庁、文化庁が連携し、スポーツや文化、芸術の融合によって観光を活性化させた事例を表彰する「スポーツ文化ツーリズムアワード2018」の受賞団体・取り組み5件が…

続きを読む

観光庁は12月21日、日本版DMOの登録制度で、第4弾の本登録として16法人を追加登録した。追加登録の法人は次の通り(カッコ内は対象区域)。 【地域連携DMO】NPO産…

続きを読む

北海道倶知安町は昨年12月の町議会で宿泊税条例案を可決した。町内の宿泊施設の宿泊客から宿泊料金の2%を徴収し、増加する観光客の受け入れ環境の整備など観光振興の財源に充てる…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube