日本観光振興協会、トリップアドバイザーと連携協定 地方へ外国人誘導

  • 2018年2月6日

署名入りのボードを披露する久保理事長(左)とマシュー氏

 日本観光振興協会とトリップアドバイザー(トリアド)は1月19日、国内各地の観光振興で連携協定を結んだ。訪日外国人旅行者を地域に誘導するのが狙いで、(1)データ、コンテンツの提供(2)人材教育での協力(3)ケーススタディの共同創出―が柱。2月から早速ニュースレターの配信などを行う予定だ。

 同日、日観振の久保成人理事長、トリアドのアジア太平洋地域デスティネーションマーケティング統括責任者、サラ・マシュー氏が会見し、明らかにした。トリアドには世界各国730万以上の宿泊施設や航空会社、観光名所、レストランが掲載されており、5億7千万件以上の口コミ情報が寄せられている。「旅行者がどこに泊まり、どのフライトを使い、現地で何をして、どこで食べるかを選択する際に役立つ」と同社。

 久保氏は「外国人旅行者の訪日(旅行)は偏った状況にあり、情報発信に優れた地域に集まりがちだ。魅力を持った地域はたくさんある。トリアドの力を借りてそうした地域の情報発信力を強化し、旅行者の誘導に努めたい」と意欲を示した。

 マシュー氏は「われわれの目的は一致しており、観光・旅行業界の成長をサポートすること。トリアドが持つ旅行に関するデータやコンテンツなどの情報を提示していく」と述べた。

 まず、2月に共同ニュースレターの第1弾を日観振会員らに配信する。年4回を予定。また、2月14日に福井県で開かれる日観振主催の「観光立国タウンミーティング」にトリアドが人材協力を行う。

 ケーススタディの共同創出については、熊本県上天草市を対象に取り組む。久保氏は「上天草市はとても魅力ある地域だが、日本人、外国人にあまり周知されていない。トリアドと力を合わせた情報提供でどれだけの興味を持たせることができるのかを探りたい」と話している。

関連する記事

大分県は1日、国東半島の魅力を紹介するイベント「『開山1300年、今こそ知りたい六郷満山』~大分・国東半島の秘められた魅力~」を東京・銀座のアンテナショップ「坐来大分」で…

続きを読む

一般社団法人信州上田観光協会は、草刈正雄氏が信州上田観光プレジデント(平成29年4月1日(日)~)を務める長野県上田市の魅力を伝える「MISSION 上田の魅力を攻略せ…

続きを読む

洲本温泉事業協同組合(兵庫県洲本市)が開発していた洲本温泉新泉源「うるおいの湯」がこのほど開湯し、1月26日に開湯式が行われた。 新泉源は地下約1500メートルから掘削…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?