日本旅館協会北海道の7月実績、宿泊人員3.9%減 訪日客増加も国内客減少

  • 2018年8月29日

 日本旅館協会北海道支部連合会は10日、会員旅館を対象にした宿泊実績調査の今年7月の結果をまとめた=表。前年同月の実績に対して宿泊人員が3.9%の減少、売り上げが4.0%の減少となった。

 回答施設数は、道内の主な観光地、温泉地14地区に所在する103軒。

 宿泊人員の内訳では、国内客が5.9%減、訪日客が2.3%増だった。国内客では、悪天候の影響、西日本豪雨に伴う旅行需要減少の可能性を指摘する宿泊施設も。インバウンドは、東アジア、東南アジアを中心に堅調だったとみられる。

 地区別の宿泊人員は、「定山渓温泉・小金湯温泉」(5.8%増)、「大雪層雲峡・旭川・美瑛・富良野」(4.8%増)など6地区がプラスだったが、「小樽・朝里川温泉・札幌・空知」(3.1%減)、「登別温泉・カルルス温泉」(9.1%減)、「洞爺湖温泉・支笏湖・日高・えりも」(11.0%減)など8地区がマイナスだった。

関連する記事

ブリッジ・シー・キャピタルは13日、「Rakuten STAY」の宿泊施設開発を目的としたファンド組成とアセットマネジメント業務を開始すると発表した。 株式会社ブリッジ・…

続きを読む

帝国データバンクはこのほど、全国企業対象の景気動向調査の8月分を公表した。同月の景気DI(0~100、50が判断の分かれ目)は前月から横ばいの49.5だった。「国内景気は…

続きを読む

コンサルタントのリョケン(本社・静岡県熱海市)はこのほど、四半期ごとに行っている旅館・ホテルの短期観測アンケート調査の7月分を公表した。旅館・ホテルのこの春の客数は「増加…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

温泉エッセイスト 山崎まゆみさんが来社!