日本旅行中間決算、経常利益5億6000万円 営業収益が5.8%増加

  • 2019年9月9日

 日本旅行は8月30日、2019年度中間決算(1~6月)を発表した。子会社を含めた連結では、営業収益が前年同期を5.8%上回り(254億3100万円)、営業利益1億円、経常利益5億6500万円をそれぞれ確保した。法人税などを控除した純利益は4億5500万円。国内、海外、国際各部門の収益が増加し、中間期で前年同期の赤字から一転し、黒字を確保した。

 日本旅行単体の営業収益を部門別で見ると、国内旅行が前年同期比7.2%増の141億1900万円。海外旅行が同4.7%増の42億400万円。国際旅行が同13.0%増の28億9700万円。付帯事業が同21.7%増の6億3200万円。全ての部門で前年同期を上回った。単体の営業収益合計は同7.8%増の218億5400万円。

 国内旅行商品の赤い風船が販売高ベースで前年同期比12.7%増(469億7千万円)と好調。ゴールデンウイークの10連休効果や、改元を記念した商品展開、国立公園に焦点を当てた商品造成に取り組んだことが奏功した。

 国内団体は同0.6%増(337億6700万円)。企業の招待旅行やMICE、私学など学校関連のスポーツや文化系イベントの取り扱い拡大を図った。

 19年通期の業績予想は、連結で営業収益522億1千万円。営業9億1千万円、経常15億9千万円、最終9億8千万円のそれぞれ黒字を見込む。

関連する記事

ANAセールスは、ANAウェブサイトで国内・海外団体旅行のお問い合わせ・見積り受付を8月29日から始めた。 ANAセールス株式会社(代表取締役社長:宮川純一郎、本社:…

続きを読む

デルタ航空は、日本発航空券の国際線燃油サーチャージを10月から改定する。 デルタ航空は、2019年10月1日発券分より、日本発航空券の国際線の燃油サーチャージを変更します…

続きを読む

JTBは、兵庫の酒処「灘五郷」の酒蔵を巡る大人のスタンプラリーBOOK「パ酒ポート灘五郷2019-2020」を9月1日に発売した。 株式会社JTB(本社:東京都品川区、…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube