新設「総合調理学科」に15人 野口観光ホテルプロフェッショナル学院、第2回入校式開催

  • 2019年4月15日

野口秀夫学院長

 野口観光グループ(北海道、野口秀夫社長)は2日、宿泊業の人材育成を図るため昨年4月に開設した「野口観光ホテルプロフェッショナル学院」の第2回入校式を北海道苫小牧市の校舎で行った。

 今春高校を卒業して同社に採用された総合ホテル学科の2期生32人と、今年度から新設された総合調理学科の1期生15人が入学。東北地方からも3人が入学した。

 入校式には、来賓をはじめ多くの地元関係者や入校生の父母らが出席、新入生を激励した。

 学院長を務める野口社長は式辞の中で「おいしい料理を作るには、基本の上にきちんとした技術が必要。2年間の勉強と実技、現場研修で専門知識や技術をしっかり身に付けてほしい。寮生活を通じて人間関係も深めてほしい」と強調。

 来賓として出席した脚本家の倉本聰氏は「宿泊業はおもてなしの仕事。相手の立場に立って考え、相手の身になって対応する心を忘れず、頑張ってほしい」と励ましの言葉を贈った。

 同学院は2年制の職業訓練校。入学金や授業料は無料で、入校生は同社の社員として給与を支給され、それぞれの学科で専門知識や技術を学ぶほか、必要な資格の取得も行い、高い専門性と幅広い教養を身に付けたホテリエや調理師を目指す。

 卒業後、2年間の実務経験を要する調理師免許の取得に向けても、受験講座などを開いて支援することにしている。


野口秀夫学院長

関連する記事

帝国データバンクによると、今年5月のホテル・旅館経営業者の倒産(負債1千万円以上の法的整理)は5件、負債総額は8億4千万円だった。件数、額とも今年2番目に低い数字だった。…

続きを読む

帝国データバンクはこのほど、全国企業対象の景気動向調査の5月分を公表した。同月の景気DI(0~100、50が判断の分かれ目)は前月比1.4ポイント減の45.4と、6カ月連…

続きを読む

日本商工会議所と東京商工会議所は6日、全国の中小企業を対象に実施した人手不足などへの対応に関する調査の2019年度の結果をまとめた。人手不足と回答した企業は約7割に上り、…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube