政府観光会議、西日本豪雨でヒアリング 地域は支援拡充要望

  • 2018年9月11日

 全閣僚で構成する観光戦略実行推進会議が8月31日、首相官邸で開かれた。7月の西日本豪雨の観光への影響、風評被害の対策などについて、観光団体の代表らを招いてヒアリングを実施した。せとうち観光推進機構は、災害発生後の7、8月のキャンセルや予約手控えによる宿泊施設の損失(推計)を瀬戸内海沿岸7県で約191.3万人泊、約155.9億円と説明し、政府のさらなる支援策を要望した。

 西日本豪雨に伴う被害、対策は、せとうち観光推進機構の村橋克則事業本部長が説明。県別の宿泊施設の推計損失額は、岡山県が19.4億円、広島県が35.3億円、愛媛県が14.9億円、兵庫県が53.2億円、山口県が15.5億円、徳島県が6.4億円、香川県が11.2億円と報告した。

 せとうち観光推進機構では、国内旅行対策として復興への機運醸成に向けたイベントなどを開催。訪日旅行対策としては、欧米などの旅行会社やメディアに正確な情報発信に努めた。

 国からは7月豪雨観光支援事業費補助金を活用した「ふっこう周遊割」などの施策が講じられているが、せとうち観光推進機構では、支援額の増額、ふっこう割の利用条件の緩和などを政府に要望した。

 愛媛県松山市の道後温泉旅館協同組合の新山富左衛門理事長も説明に立ち、風評被害は被災地域だけでなく、四国全体に波及していると指摘。本州四国連絡橋、四国内の高速道路の通行料金の割引への支援を要望した。

 この他、2016年4月に発生した熊本地震からの観光復興の取り組みなどについて、九州観光推進機構の石原進会長、阿蘇広域観光連盟の稲吉淳一会長が報告した。

関連する記事

厚生労働省は6日までに、2017年度の旅館・ホテルの営業施設数と客室数をまとめた。それによると、今年3月末現在の旅館軒数は3万8622軒で、前年度と比べ867軒減となった…

続きを読む

文化庁は10月24日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に推薦している「男鹿のナマハゲ」(秋田県男鹿市)など8県10件の伝統行事「来訪神(らいほうしん)仮面・…

続きを読む

外客旅行容易化法から名称が新たになり、一部の規定が改正された国際観光振興法では、鉄道やバス、航空、旅客船などの公共交通事業者に課す外国人観光客の利便増進措置の努力義務が拡…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube