山形・名古屋で「混雑」 日本観光振興協会、1月連休の観光予報

  • 2019年1月10日

 日本観光振興協会は7日、1月連休(12~13日)の観光予報を発表した。一部の都市で「混雑」(混雑度70~85%未満)、「やや混雑」(同60~70%未満)がみられるが、「正月明けの連休のため、全国的に空いている場所が多くなっている」という。

 12月20日現在。混雑しているのは山形、名古屋の2都市で、宿泊予想数はそれぞれ1万8814人、9万3821人となっている。やや混雑は札幌市のみで、7万5010人。

 その他の都市では「空いている」(同50%未満)状況。

関連する記事

富山県の首都圏の情報発信拠点「日本橋とやま館」(東京都中央区)が4日、開館3周年を迎えた。これを記念し、23日まで「記念フェア~TOYAMAJAPAN2019~」を開催…

続きを読む

静岡市は5月21日、世界文化遺産・富士山の構成資産、三保松原の魅力を紹介する「三保松原文化創造センター」(みほしるべ)=写真=の来館者が10万人を突破したと発表した。オー…

続きを読む

京都府旅館ホテル生活衛生同業組合は5月29日、本能寺文化会館(京都市中京区)で通常総会を開き、役員改選で小野善三理事長(綿善旅館)を再選した。 小野理事長は昨年の台風2…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube