山形・名古屋で「混雑」 日本観光振興協会、1月連休の観光予報

  • 2019年1月10日

 日本観光振興協会は7日、1月連休(12~13日)の観光予報を発表した。一部の都市で「混雑」(混雑度70~85%未満)、「やや混雑」(同60~70%未満)がみられるが、「正月明けの連休のため、全国的に空いている場所が多くなっている」という。

 12月20日現在。混雑しているのは山形、名古屋の2都市で、宿泊予想数はそれぞれ1万8814人、9万3821人となっている。やや混雑は札幌市のみで、7万5010人。

 その他の都市では「空いている」(同50%未満)状況。

関連する記事

リクルートライフスタイルが17日発表した「じゃらん 行ってみたい冬の絶景スポットランキング」 は、1位つなん雪まつり、2位十和田湖冬物語、3位木曽路氷雪の灯祭りなどとなっ…

続きを読む

熊本県和水町と江崎グリコ(大阪市)は昨年秋から、「江崎グリコ×金栗四三」企画展を開催している。「日本マラソンの父」と称される金栗四三ゆかりの品を展示し、その偉大な足跡をた…

続きを読む

群馬県は、「GINZAでGUNMA女子会」を2月4日に開催する。 群馬県では女性の視点で群馬の魅力を発信するための取り組みとして、下記のとおり首都圏在住の女性を対象とした…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube