宿泊人員が84%減 旅館協会北海道4月

  • 2020年5月21日

 日本旅館協会北海道支部連合会は11日、会員旅館を対象に毎月実施している宿泊実績調査の結果をまとめた=表。新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言の発令などで旅行需要が落ち込み、2020年4月の宿泊人員は前年同月比83.8%減、売り上げは同74.9%減となった。

 北海道内の主な観光地・温泉地14地区に所在する旅館108軒が回答した。

 宿泊人員のうち国内客は前年同月比80.1%減、訪日客は同99.8%減だった。政府、自治体による外出や旅行の自粛要請、旅館の休業、休館で、国内客の宿泊人員は大幅に減少した。インバウンドも世界的な感染症の流行や出入国管理の強化などでほぼゼロとなった。

 新型コロナウイルスに関して政府は4月16日、特別措置法に基づく緊急事態宣言を全国に拡大し、北海道は特定警戒都道府県の一つに位置付けられた。国内客のゴールデンウイークの旅行も自粛が要請され、旅館業は書き入れ時に大打撃を受けた。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram