客数減、単価横ばい傾向 リョケン旅館短観

  • 2017年8月17日

 コンサルタントのリョケン(本社静岡県熱海市)はこのほど、全国の旅館対象の「短期観測アンケート」の7月実施分を公表した。この春の客数実績は、前年同期に比べ減少傾向。宿泊単価は前年から横ばい傾向だった。夏休みの見込みは、客数、単価とも横ばい傾向となっている。

 今春の自館の客数は、「増加傾向」が29・4%と、前年(33・3%)から3・9ポイント減少。「減少傾向」が40・2%で、同0・2ポイント増加した。

 地域全体の客数も、「増加傾向」が同0・3ポイント減の24・7%、「減少傾向」が同1・8ポイント増の37・7%と、自館の客数と同様の傾向だ。

 今春の基本宿泊単価は、「上昇傾向」が同1・3ポイント増の29・1%、「横ばい傾向」が同1・3ポイント増の60・2%、「下降傾向」が同2・6ポイント減の10・7%。前年からほぼ横ばいとなっている。

 回答旅館からのコメントでは、「甲信越、関東地区を中心にインバウンドの動きが活発」「九州地方は昨年の熊本地震の影響から回復基調は見られるものの、いまだ震災前の実績までは戻っていない」などの声が多く見受けられた。

 一方、この夏休みの見込みは、自館の客数傾向では「横ばい傾向」が54・9%と最も多く、ほかに「増加傾向」が14・7%、「減少傾向」が30・4%。

 基本宿泊単価は、「横ばい傾向」が69・9%、「上昇傾向」が19・4%、「下降傾向」が10・7%。

 客数傾向、宿泊単価ともに、横ばい傾向の回答が最も多くなっている。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram