国立公園など106件支援 観光庁、観光資源の多言語解説作成

  • 2019年5月25日

 観光庁はこのほど、2019年度事業で観光資源の多言語解説の作成を支援する地域として、公募の結果、106地域を選定した。支援地域の観光資源の分野別の内訳は、世界文化遺産関係が26地域、国立公園関係が43地域、その他が37地域となっている。

 観光資源の解説文が乱立していたり、表記が不十分だったりして、訪日外国人旅行者に魅力が伝わらないなどの課題が指摘されていることから、英語のネイティブライターなどの専門人材を派遣し、解説文の作成を支援する。

 支援対象は、世界文化遺産の関係では平泉、富岡製糸場と絹産業遺産群、石見銀山遺跡とその文化的景観など。国立公園の関係では、阿寒摩周、三陸復興、上信越高原、伊勢志摩、山陰海岸、瀬戸内海、阿蘇くじゅう、奄美群島、慶良間諸島など。

 その他、文化財や伝統芸能、温泉などでは、青森ねぶた祭り、なまはげ館、佐渡金銀山、妻籠宿保存地区、伊賀流忍者博物館、城崎温泉、太宰府天満宮など。

関連する記事

観光危機管理推進事業   沖縄県ホテル旅館生活衛生同業組合は、組合員旅館・ホテルを対象に危機管理に関する勉強会を開いた。同県観光の持続的発展を図るため、災害や事…

続きを読む

GW効果など36都道府県がプラス 観光庁が7月31日に発表した宿泊旅行統計調査の結果、2019年5月の全国の宿泊施設の延べ宿泊者数(第2次速報値)は、前年同月比6.5%増…

続きを読む

第1弾に「観光地型」5事業 国土交通省は、ITなどを活用して一元的な移動手段を提供する新たなサービス「MaaS」(マース)の実現を目指して「新モビリティサービス推進事業」…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube