国内宿泊人員が微増 旅館協会北海道1月の実態調査

  • 2018年3月1日

 日本旅館協会北海道支部連合会は13日、会員旅館を対象に実施している宿泊実績調査の今年1月の結果をまとめた=表。宿泊人員では、中華圏が旅行シーズンとなる旧正月(春節)の時期が昨年は1月だったが、今年は2月となった影響で訪日客が前年割れとなったが、国内客は微増となった。

 道内の主な観光地、温泉地14地区に所在する会員旅館が対象。今回の回答施設数は103軒(訪日客の宿泊人員に対する回答は98軒)。

 宿泊人員は、前年同月比で1・1%減。国内客は1・7%増だったが、訪日客は6・4%減となった。売り上げは前年同月比4・6%減だった。

 宿泊人員と売り上げの両方が前年同月の実績を上回った地区は、「阿寒湖温泉」「十勝川・然別湖・帯広・帯広近郊」「定山渓温泉・小金湯温泉」の3地区だけだった。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram