国交省、概算要求にローカル鉄道など地方交通の再構築支援

  • 2022年9月11日

 沿線の人口減少や新型コロナウイルスの流行などを受けて、バスやBRT(バス高速輸送システム)への転換を含めたローカル鉄道の存廃、地域公共交通の再構築にどのように向き合うか、関心が高まっている。国土交通省は、8月25日に発表した2023年度予算の概算要求に、危機的な経営状態にあるローカル鉄道について、沿線自治体と事業者の協働による地域交通の再構築への取り組みを支援する施策を盛り込んだ。予算額を明示しない「事項要求」として、具体的な内容は予算の編成過程で検討する。

 国交省が設置した有識者会議「鉄道事業者と地域の協働による地域モビリティの刷新に関する検討会」の今年7月の提言では、利用者数の減少など運行を取り巻く状況が厳しいローカル鉄道について、国も関与しながら、鉄道事業者と沿線自治体が「廃止ありき」や「存続ありき」の前提を置かずに利用者目線で議論していくことの重要性が指摘された。

 また、政府の「骨太方針」(経済財政運営と改革の基本方針2022、6月閣議決定)には、地域公共交通ネットワークの再構築について、法整備などを通じ、国が中心となって交通事業者と自治体が参画する新たな協議の場を設けることのほか、規制の見直しや従来とは異なる実効性ある支援策を実施する方針が示された。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram