北陸銀と政策投資銀、よろづや観光に出資

  • 2018年6月12日

 北陸銀行と日本政策投資銀行が共同出資するほくほく応援ファンド投資事業有限責任組合は、石川県加賀市のよろづや観光(萬谷浩幸社長)に対し、優先株の引き受けを実施した。

 同ファンドが実施する投資の第1号案件で、優先株2億円を引き受けた。よろづや観光は資金調達を通じ、従業員の確保や旅館のリニューアルなどを進める。

 よろづや観光は山代温泉で「瑠璃光」「葉渡莉」の2旅館を経営。両行によると、よろづや観光は「『おもてなしは個性だ』『温泉エンターテインメント』をコンセプトに掲げ、ライフスタイルの変化やグローバル化・インバウンド需要に対応した新しい温泉の楽しみ方の提案に取り組んでいる」という。

 同ファンドは、優先株や資本性劣後ローンなどの金融サービスを組み合わせながら、地域企業の成長や地域経済の活性化に向けた財務再構築、資本増強を目的に、今年1月創設された。

関連する記事

帝国データバンクによると、2018年11月のホテル・旅館経営業者の倒産(負債1千万円以上の法的整理)は11件、負債総額は28億500万円だった。件数は単月で同年最多を記録…

続きを読む

「Instagram」利用率は3割超。認知率は9割超 ~2018年の全調査をまとめた455ページのレポートを無料提供~ 株式会社ジャストシステムが運営する、マーケティングリ…

続きを読む

加森観光と留寿都村統合型リゾート誘致推進協議会は21日、IR参入への構想を発表した。 留寿都村統合型リゾート誘致推進協議会と加森観光株式会社は統合型リゾート(IR)につい…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube