加賀市、豪雪からの復活を宣言

  • 2018年2月26日

あいさつする宮元市長

 石川県加賀市は13日、東京・内幸町の帝国ホテルで、旅行会社やマスコミ関係者らを集め「加賀温泉郷PR会議・おもてなし謝恩会」を開いた。記録的な大雪で観光や物流に影響が出ていたが、宮元陸市長は「全て元通りに戻ったと宣言させていただく。加賀温泉郷は見事に復活した」と述べた。

 PR会議では2018年度のお薦めポイントを紹介。体験型観光では、6月上旬の週末に行う「ホタル観賞ツアー」(大人1500円、小人500円)やエアーチューブの中に入って湖上を走る「柴山潟ウォーターチューバー」(1回2千円)などがある。

 温泉郷はMICE誘致に積極的で、旅行業者向けの「送客助成制度」を設けているが、18年度からは修学旅行も対象に加える方針で、制度の利用を呼びかけた。

 謝恩会には観光庁や旅行業者ら多数が出席。主催者を代表してあいさつした宮元市長は、復活宣言をするとともに、「20年の東京五輪・パラリンピック、23年の北陸新幹線敦賀延伸をチャンスと捉え、(観光)まちづくりをしっかりやり、観光客をもてなしできるよう体制整備を進めていく」と抱負を述べた。

 来賓の水嶋智観光庁次長は「市長から力強い復活宣言があった。旅行会社の皆さんは温泉郷へ一層の送客を」呼び掛けた。また、16年と17年の温泉郷への入り込み状況について触れ、「日本人は5800人減っているが、インバウンドは9千人増えている。国内の落ち込みを上回るインバウンドの伸びであり、このチャンスを生かす取り組みをしてほしい」と強調した。

関連する記事

新規12作品地域活性に期待の声 人気アニメのゆかりの地を観光資源として生かし国内外から人を誘致、地域活性化を目指すアニメツーリズム協会(富野由悠季会長)は10月29日、…

続きを読む

沖縄県は、スポーツツーリズム戦略推進事業でイベントを開催する。 “全国から約50チームが参加する冬のビーチサッカーの祭典”「ビーチサッカー沖縄カップ」“環境シンポジウムと…

続きを読む

来年4月に国際観光学科を新設する富山福祉短期大学は10月29日、「国際観光学科開講記念シンポジウムツーリズムで成功する地域創生そのための人材育成とは」を同短大内のホー…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube