全旅連、衛生管理の検定サイト開設で研修会

  • 2008年11月15日

 全国旅館生活衛生同業組合連合会(全旅連)は4日、東京・平河町の都道府県会館で開いた都道府県組合事務担当者研修会の中で、近く開設する予定の「旅館・ホテル安心安全管理検定試験サイト」の説明会を実施した(写真)。

 サイト開設は、全旅連が作成した「旅館・ホテル安心安全管理マニュアル」の普及が狙い。

 試験はすべてネット上で行う。食品衛生管理(30問)、ノロウイルス対策(17問)、施設衛生管理(28問)など5つのカテゴリーから計100問出題。記述の文章が正しいか、誤っているかを選ぶ二択式とした。

 90点以上なら「安心安全管理士」として認定される。合格すると、安心安全管理士認定証を表示するリンクボタンが現れクリックすることで認定証を表示、プリントアウトできる仕組み。

 制限時間は45分で、超過した場合、回答内容は無効となる。再受験は可能。

 説明会では模擬試験も行われ、参加者がマニュアルを見ながら回答する場面も見られた。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram