企業の後継者、3分の2が不在 帝国データ調べ

  • 2014年8月9日

 帝国データバンクはこのほど、後継者問題に関する企業の実態調査を行った。それによると、国内企業の3分の2にあたる65.4%が後継者不在で、社長の年齢が60歳代で53.9%と半数強、70歳代でも42.6%と半数近くが後継者不在であることが分かった。後継者のいる企業における後継者の属性は、子供が38.4%と最多になった。

 2012年度以降の後継者の実態について分析可能な28万4412社を対象に調査した。

 企業の後継者不在率は社長の年齢が80歳以上で34.2%、70歳代で42.6%、60歳代で53.9%。以下、50歳代で74.3%と数字が跳ね上がり、40歳代で87.4%、30歳代で90.7%などとなっている。

 8業種別の後継者不在率は、サービス業が最も高く70.4%。ただ、前回調査の2011年からは1.7ポイント減と改善している。以下、建設業70.0%、不動産業67.8%、小売業66.1%など。

 企業の売上規模別では、1千億円以上が25.7%と最も低く、1億円未満が76.6%と最も高い。前回調査との比較では、1千億円以上企業が3.6ポイントの大幅減。1億円未満企業が0.3ポイントの増加。大手企業で事業継承準備が進むものの、小規模事業者で同問題が改善していない実態が分かる。

 後継者がある企業における後継者の属性は、子供が38.4%と最多。以下、非同族が30.7%、親族が19.9%、配偶者が10.9%、などとなった。

 ただ、2012年度以降に社長が交代した企業の、現社長の就任経緯をみると、子供や親族などの同族継承が40.2%、内部昇格と「その他」を足した割合が54.9%になり、非同族による継承が半数を超えている。

 社長交代企業における新社長の年齢は、50歳代が最も多く、28.3%。以下、40歳代27.8%、60歳代27.4%で、40〜60歳代での継承が8割強を占めている。

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram