人手不足倒産、前年比44%増の153件 

  • 2019年2月18日

 帝国データバンクはこのほど、「人手不足倒産」の動向調査を行った。昨年1年間(2018年1~12月)の人手不足倒産(従業員の離職や採用難により収益が悪化したことなどを要因とする倒産。負債1千万円以上の法的整理)は153件発生。負債総額は223億7700万円だった。件数は前年比44.3%増と大きく増え、業種別では建設業、道路貨物運送業で増加が顕著となっている。

 人手不足倒産の調査は13年から。18年は3年連続の増加で、調査開始以来の最多を記録した。13~18年の6年間の累計は500件となった。

 件数を8の業種別に見ると、建設業が46件(前年比58.6%増)と最も多い。サービス業が41件(同51.9%増)と続き、この2業種で全体の過半数(56.9%)を占める。以下は運輸・通信業(30件、同87.5%増)、小売業(16件、同77.8%増)など。

 6年間の累計件数を細分類業種別で見ると、道路貨物運送が43件で最も多かった。以下は老人福祉事業(32件)、木造建築工事(27件)、労働者派遣(23件)、建築工事(21件)など。

関連する記事

LINEトラベルjpは16日、宿泊施設・航空券・ツアーの旅行キャンセル保険の販売を開始した。 株式会社ベンチャーリパブリック(本社:東京都港区代表取締役社長:柴田啓)は…

続きを読む

白馬観光開発とパナソニック サイクルテックは16日、白馬岩岳を「電動アシストマウンテンバイクの情報発信拠点」化する取り組みで協業すると発表した。 白馬観光開発株式会社(…

続きを読む

機械学習利用のコンサルティングサービスなどを行うTEIT(ティート)は4月16日、外国人観光客向けチャットボットサービス「Hanna」(ハナ)を利用した観光案内の実証実験…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube