人吉・球磨の商品造成加速 ブランド「風水・祈りの浄化町」生かす

  • 2020年6月10日

ブランドロゴ

人吉球磨観光地域づくり協議会、「観光商品づくりセミナー」開催

 熊本県南部の観光を推進する人吉球磨観光地域づくり協議会は5月27日、地域活性化に向けて観光商品作りを学ぶセミナー「観光商品づくりセミナー」を熊本県人吉市の肥後銀行人吉支店で開催した。地域の観光関係者約50人が参加。人吉球磨のオフィシャルブランド「人吉・球磨 風水・祈りの浄化町」を生かしたマーケティング、商品造成、販売を加速、推進し、地域の活性化を目指す。

 冒頭、同協議会会長の松岡隼人人吉市長が「生活様式、働き方、価値観はコロナで世界中変わってきているが、その中でこれからもしっかりとモノ、コトを売っていく」とあいさつした。セミナーでは、名鉄観光サービス特別顧問、DMM・com地方創生代表・顧問の小高直弘氏が「日々大きく変わる観光戦略と人吉球磨」など、観光経済新聞社編集部次長の長木利通氏が「訪日客迎える『心』と『備え』~未来に備え、国内、訪日誘客を共に進める~」をテーマに講演。小高氏は、旅マエのマーケット戦略、マーケットに出すための商品化、プラットフォームの必要性、着地型旅行商品作りの手法、ヒントなどを話した。長木氏は、「コロナの影響で近くは国内需要への対応が必要だが、将来に向けて海外への情報発信やJNTOとの連携など、訪日対策も並行して行うべきだ」と訴えた。

 同協議会業務執行理事の有村友美氏(人吉温泉・清流山水花 あゆの里若女将)は「ブランドを生かしたさまざまな商品が出来上がるが、情報発信やプラットフォーム作りも進めて誘客を拡大し、地域活性化につなげる」と述べた。今後は、風水、浄化、三日月といったワードを元に商品作りを展開する予定だ。
 

セミナーの様子

ブランドロゴ

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram