中部国際空港、2018年度の運用実績を発表

  • 2019年6月25日

 中部国際空港は、2018年度の運用実績を発表した。

 中部国際空港株式会社(所在地:愛知県常滑市、代表取締役社長:友添雅直)は、中部国際空港セントレア(以下、「セントレア」)の、2018年5月度空港運用実績を発表しました。
2018年度一年間の航空旅客数は、確定値で開港当時の2005年度を越えて過去最高となる12,358,026人となりました。

  • 航空旅客数

旺盛な訪日旅行需要による好調な国際線外国人旅客数に加え、改元に伴う大型連休により日本人旅客数も大きく増加したことから、国際線旅客数は前年同月比22%増の571,900人となり、5月実績として過去最高となりました。
また、国内線も堅調に推移し、5月度の国際線・国内線合わせた航空旅客数は、前年同月比16%増の1,135,362人となりました。なお、航空旅客数の前年同月超えは2015年7月から47か月連続となります。

5月13日より中国の山東航空が済南・青島路線に就航5月13日より中国の山東航空が済南・青島路線に就航

春秋航空は5月5日よりセントレア=深圳間の直行便を運航開始春秋航空は5月5日よりセントレア=深圳間の直行便を運航開始

 

  • 構内営業売上高

 

訪日旅行客などの旺盛な需要を背景に、空港内免税店などの売り上げも好調だったことから、構内営業売上高も前年同月比14%増の35.5億円とな、5月実績として過去最高となりました。

4月25日に開港以来初の全面改装を行った総合免税店Centrair Duty Free コスメ・ファッション店4月25日に開港以来初の全面改装を行った総合免税店Centrair Duty Free コスメ・ファッション店

 

  • 中部国際空港 2018年度実績の確定について

中部国際空港株式会社は、2018年度実績の「確定値」を発表し、2018年度の航空旅客数は2005年度(12,351,727人)を超えて過去最高となる、12,358,026人になったと発表しました。

 

関連する記事

コングレは23日、会議研修施設「コングレスクエア羽田」を2020年夏にオープンすると発表した。 株式会社コングレ(東京都千代田区、代表取締役社長:武内紀子)は、2020年…

続きを読む

JTB旅連事業は、レンタサイクル事業に関わるリスクを包括的に補償する「レンタサイクル賠償保険」を発売した。自転車利用者に対して、自転車損害賠償保険などの加入を義務付ける都…

続きを読む

総務省はこのほど、家計調査報告の8月分を公表した。同月の2人以上世帯の消費支出は1世帯当たり29万6327円で、前年同月比で実質1.0%増と、9カ月連続で増加した。10の…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

 英語応対能力検定

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube