ユニバーサルツーリズムで社員研修 KNT-CTホールディングス

  • 2019年8月22日

能舞台に触れる視覚障害者をサポートする社員

バリアフリーの能公演で視覚障がい者サポート

 KNT―CTホールディングス(HD)は7月31日、東京・国立能楽堂で初開催するバリアフリー対応の能の公演「ESSENSE能」に参加し、視覚障害者サポートのためのユニバーサルツーリズム社員研修を実施した。公演には、視覚障害がある24人が参加。グループ会社である近畿日本ツーリストコーポレートビジネスの新入社員27人が同行し、能舞台体験会での手引きや公演会場への案内などサポートした。グループ全体で社員、サポートスタッフの育成を行い、ユニバーサルツーリズムへの取り組みを推進する。

 ESSENSE能は、東京2020応援プログラムの一つである文化オリンピアードの一環として、バリアフリー対応の能公演を実施するためのプレイベントとして実施された。

 能舞台体験会では、能楽協会の山井綱雄理事が能の歴史や舞台設備などを紹介。体験会中は、同社社員が視覚障害者に対し、手袋、足袋の着用や研修用能舞台、座席への登壇手引きをするほか、野村万蔵氏による狂言や友枝雄人氏による能を共に観賞した。

 また、会場では障害者のサポートとして手話通訳や副音声を使用し、点字パンフレットの配布を行うなど、参加者へのサポートを実施した。

 参加者からは「実際に生の音を初めて聞いて臨場感がすごかった。また別の公演にも来たい」「これまで諦めていた体験ができたことが幸せだ」とユニバーサルツアー拡大への期待が語られた。社員からは「座学で学んだイメージと本番は全く違った。営業職だが、障害を持つ方がいる企業、社員旅行の案内でぜひこの経験を生かしたい」と声が上がった。

 このほか、7月23日には事前社員研修を実施。KNT―CTが参画するユニバーサルツーリズム事業や国内外の視覚障害者ツアーの事例を学ぶほか、同社のサポートガイドの共有、アイマスクを使用した視覚障害者疑似体験などを行った。研修の意義をKNT―CTHDの平安座秀人課長は「スポーツボランティアの育成、体験会など機運醸成イベント、伝統芸能を活用した地域活性イベント、Eラーニングを活用した人材育成など会社に強みは多々あるが、ユニバーサルツーリズムも大きな強みとなる」とユニバーサルツーリズムの重要性を訴えた。

 KNT―CTHDは、視覚障害者を対象としたツアーを20年間実施。海外旅行や自動車運転を行うツアーなどを開催している。旅行業界で初めて東京都「心のバリアフリー」サポート企業に認定されている。【長木利通】

能舞台に触れる視覚障害者をサポートする社員

関連する記事

JALと京急電鉄、神奈川県は、 共同企画でラッピング列車「行こう!秋の三浦半島」を9月29日から運行する。 日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:赤坂祐…

続きを読む

阪急交通社は18日、観光列車「海里」貸切ツアー「山形の名湯・美食の旅3日間」を発売した。 阪急交通社(大阪市北区梅田 代表取締役社長 松田誠司)は、旅行会社で初めて観光列…

続きを読む

KNT―CTパートナーズ会(KCP)関西連合会は5日、新・都ホテル(京都市南区)で「第1回KNT―CTパートナーズ会関西連合会国内大商談会」を開催した。約260人が出席…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube