ミスらがひろしま菓子博とやっさ祭PR

  • 2013年2月9日

 広島県と広島県三原市の関係者が1日、4月19日から5月12日まで広島市で開催される「ひろしま菓子博2013」や三原市の「やっさ祭」などをPRするため、東京都台東区の観光経済新聞社を訪れた。「『おしい!広島県』は浸透してきた。次は誘客につなげたい」と広島県東京事務所石濱真政策課長。

 訪れたのは、石濱さんのほか、「ひろしま、宝しまレディ」の山下梨代子さん=写真中央、小笠原知恵さん=同右、「ミス三原やっさ」の三浦阿仮里さん=同左、広島県東京事務所の小森麻美さん、三原市経済部観光文化課の川畑博資さん、国広和之さんの7人。

 92年ぶりに広島で開催される菓子博については、開催期間がゴールデンウイークと重なるので集客に期待するとして、目標来場者数を80万人とした。見どころは約150点展示される工芸菓子。自然風物や人物、建物などを菓子の材料を使って表現する。

 広島市から車で約1時間の距離にある三原市はタコの産地。昨年は大河ドラマ「平清盛」の効果で観光客が増え、三原のタコ売り上げも上々だと言う。

 「毎年8月の第2金土日に行われるやっさ祭に来てほしい。はやしのリズムに合わせて誰でも踊れる」と川畑さんは踊りを披露した。市民総参加で街中をにぎやかすやっさ祭は、踊り手が6千人、観光客は30数万人が訪れる。祭の最終日には花火大会も行われる。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram