ポストコロナ間近のGW、今年の入り込みは 全国の観光・温泉地

  • 2023年5月15日

連休期間中、多くの観光客でにぎわった京都市・清水坂(5日)

「期間中の旅館、ほぼ満室」「4年ぶりイベントが復活」

 今年のゴールデンウイーク(GW)は平日の5月1、2日を休めば最大9連休となった。新型コロナウイルスの感染状況が落ち着き、感染症法上の2類相当から5類への移行、「ポストコロナ社会」を間近に控え、全国の観光・温泉地はコロナ禍前を思わせるにぎわいを見せた。各地の観光協会、旅館組合に連休中の状況を聞いた。

 登別温泉(北海道登別市)へのこの連休中の入り込みは「肌感覚として、コロナ禍前に戻った状況」(登別国際観光コンベンション協会)だ。温泉街の中心につながる道に渋滞ができたといい、「日本人はもとより、東南アジアを中心としたインバウンドも増えている」。

 蔵王温泉観光協会(山形県山形市)も肌感覚として「5月3、4日を中心に、昨年より入り込みが増えた」という。昨年10月の水際対策緩和からインバウンド客が増加。冬は雪や樹氷を目当てに台湾、香港などアジア諸国・地域から多くの客が来ていたが、この連休は日本人客が目立っていたという。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み

注目のコンテンツ

Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒