ナイトタイムエコノミー議連、「夜の観光」活性へ提言

  • 2018年1月9日

 自民党の時間市場創出推進(ナイトタイムエコノミー)議連(会長・河村建夫元官房長官)はこのほど、訪日外国人観光客が日本の夜の観光スポットや娯楽を楽しめる環境整備を求める中間提言をまとめた。鉄道・バスの24時間運行のほか、観光庁を中心とした推進組織作りに言及した。安倍晋三首相に提出する方針だ。

 外国人観光客からは、「(日本は)深夜まで営業する娯楽・文化施設、交通機関が少なく、夜が楽しめない」という声があるが、同議連はナイトタイムエコノミー(夜遊び経済)の活性化が観光立国を後押しするとして、議論してきた。

 中間提言は文化施設の開館時間を延長し、カフェ・バーを併設することや、鉄道の営業時間延長と週末の終夜運転、主要バス路線の深夜バス営業、夜の観光情報を発信するための多言語サイト開設などを掲げた。
 これら施策を推進するため、2018年をめどに官民一体の「24hour Japan推進協議会」(仮称)を設立、モデルエリアでの実証実験を行うとした。

 中間提言はまた、ナイトメイヤー(夜の市長)制度の指針づくりにも言及。これは、クラブやバー、レストランなど夜の文化・経済の増進を図る象徴的な人物、組織をいい、欧米などで採用されている制度だ。

 同議連は二階俊博幹事長や林幹雄観光立国調査会長らが顧問に名を連ねている。事務局長は秋元司国土交通副大臣。

関連する記事

文化庁の「日本遺産と旅行に関する意識調査」によると、日本遺産を「知っている」と答えたのは3割以下で、あまり知られていない現状が明らかになった。ただ、興味を示す人は多く、情…

続きを読む

OK0430018061600701

続きを読む

観光庁は6月から11月にかけて、旅館・ホテルの経営者、後継者、幹部などを対象に「生産性向上ワークショップ」を全国各地で開催する。改善活動の実践、IT活用などの「ベーシック…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

長澤まさみさん「Meet Colors! Taiwan」CM発表会