トリップドットコムグループ、中国市場を対象とした「2020年中国メーデー観光トレンドレポート」発表

  • 2020年5月2日

最高級ホテルからオンラインライブ放送。 「憧れのホテルに泊まろう」キャンペーンを 紹介するジェームス・リャン会長

 トリップドットコムグループは4月23日、中国市場を対象とした「2020年中国メーデー観光トレンドレポート」を発表した。

 世界最大級のオンライン旅行会社Trip.com Group Limited(CEO:孫潔、本社:中国・上海、以下「Trip.comグループ」)は、4月23日、中国市場を対象とした「2020年中国メーデー観光トレンドレポート」を発表しました。メーデー期間(5月1日~5日)における旅行商品の予約数は大幅増加。中国国内旅行が増加する傾向が明らかになりました。

旅行市場復興の兆し:メーデー連休の旅行商品販売が急増

 中国においては、新型コロナウィルスの流行に伴う移動規制が徐々に緩和されたことに伴い、5月1日から5日までのメーデー5連休は、観光産業の復興に向けた大きな節目となる見込みです。

 「2020年中国メーデー観光トレンドレポート」によると、今年のメーデー連休は、先に中国アウトバウンドツーリズム研究所(COTRI)が発表した4月上旬の清明節休暇における旅行関連商品の購買人数の2倍となることが予測されています。このため、メーデー連休は、清明節休暇を上回る今年最初の旅行ピークとなる見込みです。

 *COTRIによると、今年の清明節休暇ではのべ4,300万人超の旅行商品の購買があり、82億人民元(約1,244億円)の売り上げをもたらしたと推計しています。

 「2020年中国メーデー観光トレンドレポート」では、弊社の宿泊施設の予約状況をベースに、来るメーデー連休においてもっとも人気の渡航先は三亜、上海、麗江、安吉、南京、徳清、杭州、蘇州と予測しています。

旅行市場の消費動向:少人数、短期間、レンタカー利用、若者がメインのトレンド

 同レポートは、新たな旅行のあり方のトレンドを示しています。多くの人数が集まること、また人の移動に対する制限を受け、人気の観光地では、新しい予約システムを導入し、受け入れの観光客数について最大許容量の30%未満に抑えています。また、旅行者の関心は州をまたぐ旅行や海外旅行から、地域密着型の観光へとシフトしています。

 Trip.comグループの旅行予約プラットフォームでは、少人数(3~6名)、短期間(3日間及び4日間)、レンタカーとツアーガイドを使ったローカルグループツアーの予約数が急増しています。今年はレンタカーが人気の移動手段となっており、プライバシー、清潔さ、車を使った移動の自由度の高さから、予約数は2019年の予約数の70%に回復しています。今年は地元のツアーガイドの人気が高く、予約数は前月比で3倍に増加、オンラインセレブリティ(オンラインの有名人)によるツアーガイドについては、メーデー休暇期間中は既に完売となっています。

 10代から20代の若年層の旅行者がメーデー休暇の原動力となっており、期間中の総予約数の57%を占めています。オンラインライブ放送や事前販売割引など、革新的でインタラクティブな若年層向けキャンペーンによるマーケティング手法がこの層の集客要因となっています。キャンペーンに参加した宿泊施設の予約数は前月比277%増となりました。Trip.com グループ会長の梁建章(ジェームス・リャン)は、4月中に湖州市、広州市、深セン市、江蘇省でのキャンペーンの生放送に出演し、各番組の出演時において、1 時間以内に 1,000 万人民元(約 140 万米ドル)を超える取引量を記録しました。

湖州市からオンラインライブ放送を行うジェームス・リャン会長。割引価格をリアルタイムで予約案内。

最高級ホテルからオンラインライブ放送。「憧れのホテルに泊まろう」キャンペーンを紹介するジェームス・リャン会長

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram