スイカ栽培100周年契機に誘客 鳥取県

  • 2007年6月23日

観光大使の森本さん。大栄西瓜を手に

観光大使の森本さん。大栄西瓜を手に

 鳥取県は、同県北栄町が主産地の「大栄西瓜」が今年栽培100周年を迎えることを記念し、スイカに関連するさまざまなイベントを行う。これに先立ち14日、同県のPRキャラバンが東京都の観光経済新聞社を訪問、大栄西瓜と関連イベントを紹介した。

 鳥取県は全国第5位のスイカの生産地。西日本では熊本県に次ぐ生産高を誇るが、同じ鳥取名産でも梨に比べると知名度は低い。そこで同県は100周年の今年、主産地の北栄町を中心として「すいか畑ウオーク」などのイベントを開催、スイカの知名度向上を図っている。

 7月1日に開催される「第20回北栄町すいか・ながいも健康マラソン」では、大会ポスターやゼッケンに100年記念のロゴを入れるほか、8月にはおいしくスイカを食べている顔「スイ顔」の写真コンテストなども行う。 

 昨年8月から「とっとり観光親善大使」を務める会社員の森本里美さんは、「大栄西瓜は大きい上に甘くて、みずみずしいところが売り。今回のPRキャラバンやイベントを通して、首都圏のたくさんの人に知ってほしい」と話した。

観光大使の森本さん。大栄西瓜を手に
観光大使の森本さん。大栄西瓜を手に
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram