コングレが事業者に内定 うめきた2期のMICE施設

  • 2021年1月12日

20年12月時点のイメージパース。今後変更となる可能性がある(うめきた2期地区開発事業者提供)

 コングレ(武内紀子社長)はこのほど、JR大阪駅北側の再開発地域「うめきた2期」(大阪市北区、約16ヘクタール)事業で、MICE施設の事業者に内定したと発表した。

 同事業は三菱地所やオリックス不動産、阪急電鉄などの企業連合が参画する事業で、大阪・関西万博開催直前の2024年夏ごろの先行開業が予定されている。

 うめきた2期は南北二つの街区で構成。20年12月に、国際会議・展示施設のほか、ホテルやオフィス、マンションなどが建設される南街区から着工された。

 コングレは、南街区西棟4階に位置する約800平方メートルの大ホールと中小の会議室を備えるMICE施設の企画・運営、管理をする事業者に内定した。

 隣接の先行開発区域では、大型複合施設「グランフロント大阪」が13年に開業。コングレはここにあるMICE施設「ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター」を運営している。

 今後はうめきたにおける二つのMICE施設を活用し、「大型国際会議や大規模イベントなどを誘致、25年の大阪・関西万博に向け、地域活性化に貢献したい」と意気込む。


20年12月時点のイメージパース。今後変更となる可能性がある(うめきた2期地区開発事業者提供)

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら