おもてなしの英語力を測る検定試験、観光経済新聞・kankokeizai.com読者向け特別割引を設定

  • 2019年10月8日

 おもてなしの英語力を測る「英語応対能力検定」の第6回B日程試験(11月12~26日実施)の受験申し込み受け付けが始まった。締め切りは10月25日。

 同検定は、観光業界で働く人や観光ボランティアの人を対象とした試験。接客の現場で何よりも大切な「聞く」「話す」を評価の中心に置き、訪日外国人への応対能力を測る。企業、団体の協力を得ながら、現場に即した内容に随時更新している。

 毎日新聞社、旺文社、カシオ計算機が2017年3月から共同運営。宿泊、飲食、販売、鉄道、タクシーの「業種別試験」と、街角での応対を想定した「一般試験」がある。スマートフォンやパソコン、タブレットでどこでも受験でき、合否ではなく、A~Dの4段階で評価する。同検定はJR東日本でも採用されている。

 受験料は6500円(税別)だが、観光経済新聞、観光経済ドットコムの読者は検定のウェブサイトから申し込む際にクーポンキー「kanko2019」を入力すると、5%引きで受験できる(https://otai-kentei.com/kanko-keizai.html)。

 受験料がさらに割安になる団体受験に関する問い合わせは、英語応対能力検定事務局ナビダイヤルTEL0570(024)011まで。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram