【WEBマーケティング インターネット徹底集客 208】2019年のホテル旅館業界の予測~WEB~ アビリティコンサルタント・プライムコンセプト取締役 内藤英賢

  • 2019年2月11日

 前号では、これからのホテル旅館業界についての予測について主観を交えて述べたが、今号ではITやウェブという側面から述べたい。「デザイン」「WEB広告」「省人化」「5G×IoT」というキーワードで考えてみたい。

 まず「デザイン」についてだが、その重要性はますます高まっていくと考えられる。近年の傾向だが、世界的なコンサルティング会社のデザイン企業買収や経産省が「デザイン経営宣言」をするなど、デザインというものが企業戦略上、重要視されるようになってきている。なぜ、デザインが重要視されるかというと、端的にいえば、カッコいいデザインは購買行動を促し、高い商品価値を体現でき、ロイヤリティを高めることに貢献するからである。世界で最も成功を収めたデザイン志向会社としては米Apple社が有名であろう。

 したがって、これから競争激化が予想される宿泊業界でも、デザインの優劣は非常に重要な要素となる。館内のデザインはもちろんのこと、ホームページや写真に至るまで、デザインのクオリティと統一性を意識することが必要となる。それは何もカッコいいデザインのみが正解というわけではなく、「その施設らしさ」がデザインで表現できているかが大事なポイントなので、誤解ないように取り組んでいただきたいと思う。

 続いて「WEB広告」についてだが、こちらも以前からの傾向であるが、広告の対象が「マス」から「パーソナル」に移行しつつあり、宿泊業界にもその動きは起こりつつある。今までの不特定多数の大勢の人に同じ情報を発信するタイプのマス広告から、デジタル媒体を中心に一人一人に最適な情報を広告として配信するパーソナル広告への投資が進んでいる。パーソナル広告の代表的なものが以前に紹介した「PPC(ペイ・パー・クリック)広告」である。比較的多額の費用を要するマス広告とは違い、ターゲットを絞り小額予算で始めることができるため、今までマス広告とは無縁と考えてきた中小企業でも取り組んでいるところが増えている。

 次号では、「省人化」「5G×IoT」などを中心に2019年以降の予測を考えていきたい。

 (アビリティコンサルタント・プライムコンセプト取締役 内藤英賢)

関連する記事

すき焼きで有名な博多の老舗「中洲ちんや」が、先月惜しまれつつ71年の歴史に幕を閉じた。二代目経営者で女将の古賀人美さんが生まれた年に精肉店として開業、その後飲食店も併設し…

続きを読む

2019年8月から楽天トラベルにおいて、料金体系と基本規約が改訂になるが、その中で最低・同一料金保証の条項が消える。施設にとってはどのチャネルでどういう販売戦略をとるのか…

続きを読む

前回までの「観光と福祉」というテーマから一転して、今回からはしばらく、「宿泊関連研究部会」(以下、「JAFIT宿泊部会」という)のメンバーでリレーさせていただく。 筆者…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube