【WEBマーケティング インターネット徹底集客 190】付帯売り上げ向上施策 内藤英賢

  • 2018年4月16日

 年始で述べたように個人旅行の割合が増加傾向にある。個人旅行の増加はWEBで集客しやすいという利点があるものの、半面、付帯売り上げ(主に飲料)が伸びないというお悩みもよく耳にする。そこで、今号では個人旅行増加時代において、付帯売り上げをアップさせるための施策について考えてみたい。

 そもそもの前提として、個人旅行と宴会を主たる目的としていた団体旅行を比べれば、飲料の注文量が違うのは当然のことである。従って、勝手に飲料が注文されていた受動的スタイルから、お客さまに買っていただく能動的スタイルに変えていかないといけないので、まずは意識の転換が大事になる。

 「お客さまに3回売りましょう」を合言葉に仕掛けることが多いので、その流れに従って解説をしていきたいと思う。

 まず1回目の販売チャンスはWEB上である。主には予約時のオプション販売での仕掛けである。これまでもオプション販売の重要性を幾度となく述べてきたが、自施設で取り扱っている飲料が事前にきちんと販売できているかを今一度、確認をしてほしい。地酒や地ビールなどの、その土地でしか味わえないものがやはり人気である。

 2回目の販売チャンスはチェックイン~夕食までの時間である。チェックイン時におすすめの飲料一覧や別注の調理一覧を渡して印象付けしている施設もあれば、客室で読んでいただくように読み物風にして紹介している施設もあり、ここは試行錯誤して、どのようなスタイルでの販促が自施設のお客さまの心をとらえるかを研究してみてほしい。

 3回目の販売チャンスは、ご夕食時である。ここで、きちんとファーストドリンクのお声掛けをしているか、あるいはスタッフがお声掛けしやすいような仕組みができているかが、重要な見直しのポイントとなる。

 ここで、紹介したのは1例であるが、いずれにせよ、個人のお客さまには買いたくなるような仕掛けをしないと、財布のひもが緩むことはないので、ぜひ「攻めのスタイル」で付帯売り上げ向上に取り組んでみてほしい。

 (アビリティコンサルタント・プライムコンセプト取締役 内藤英賢)

関連する記事

前回に引き続き、売り上げや利益、顧客満足度アップに大きな効果が得られたベスト施策を紹介しよう。 7、売店でタイムセールを実施する 売店は団体客が来ないと売り上げが期待…

続きを読む

日本は世界中の人々を、自信を持って迎え入れられる幸せな国である。 南は沖縄から北は北海道まで、細く長く伸びた地形に800メートル~3千メートル級の山々が連なり、その谷あ…

続きを読む

(2)生産性の格差 労働生産性とは、従業者1人当たりに生み出された付加価値額である。近ごろ「働き方改革」などの議論でよく引き合いに出される統計情報として「労働生産性の国…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?