【道標 経営のヒント 156】日本の夏の過ごし方 佐々山建築設計社長 佐々山茂

  • 2018年9月12日

 この夏の暑さは体温を超えることがあり体にこたえた。岐阜市の病院ではエアコンの壊れた病室で5人の患者が亡くなり刑事事件に発展しそうだ。私の母親の居間のエアコンが故障したが、修理すると時間が掛かるので即日取り換えた。

 埼玉県加須市は冷房のない公立小中学校の当面の措置として35度を超えると臨時休校と発表。日本の夏はエアコンがないと命にかかわる時代になった。夏は赤道直下のようで、冬は北国になり、四季があるとはいっても、近頃は秋や春でエアコンがいらない期間が狭まっている。

 壁厚が10センチの木造文化で断熱に対する意識が低く、断熱材の厚さは日本では50~100ミリが普通だが、ヨーロッパでは120ミリから180ミリが標準になっている。その上、日本人は開放的で大きな窓が好きで、南側には大きな窓が付く。シングルガラスのアルミサッシュでは遮熱はできないので熱気と冷気が入り、冬には結露で苦労することになる。外気負荷を減らすには壁の断熱性を上げ、窓からの熱の入射を防ぎ、隙間風や換気など余分な外気の侵入を防ぐことが必要になる。

 数年前に設計した外断熱の住宅は屋上に太陽熱温水器と太陽光発電を設置し、電気とガスでバックアップするハイブリッドとした。この夏の暑さでクライアントにサーモグラフィで温度測定をお願いしたところ、朝の8時で朝日の当たるタイルの外壁温度が42度あったが、内壁は28度と14度差があり、外断熱が効いていると報告があった。

 ロックウール100ミリで断熱された木造のわが家はヒートブリッジ(熱橋といって断熱材の欠損箇所で熱が入る)も多く、エアコンは27度に設定しても壁の表面温度は35度を超え、輻射(ふくしゃ)熱を感じる。暖房しながら冷房しているようなものだ。

 外出時のエアコン「つけっ放しが節電」のボーダーラインは「35分」と大手エアコンメーカーがネットにうたうが、休日の自宅のエアコンはほぼ1日つけっ放し。宿泊施設でも新鮮な空気、適度な湿度、快適な温度の3条件を維持することは意外と難しい。

 エアコンをつければOKでなく、小さなエネルギーで快適な空気環境が提供できる方法を考えたい。外断熱や二重サッシュにはお金がかかるが、緑陰を作ることや打ち水は自分たちでもできる。西日対策には遮熱カーテン、遮熱フィルムが効果ある。できることから始めたい。

関連する記事

すき焼きで有名な博多の老舗「中洲ちんや」が、先月惜しまれつつ71年の歴史に幕を閉じた。二代目経営者で女将の古賀人美さんが生まれた年に精肉店として開業、その後飲食店も併設し…

続きを読む

2019年8月から楽天トラベルにおいて、料金体系と基本規約が改訂になるが、その中で最低・同一料金保証の条項が消える。施設にとってはどのチャネルでどういう販売戦略をとるのか…

続きを読む

前回までの「観光と福祉」というテーマから一転して、今回からはしばらく、「宿泊関連研究部会」(以下、「JAFIT宿泊部会」という)のメンバーでリレーさせていただく。 筆者…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube