【道標 経営のヒント 155】AI(人工知能)を宿に タグ広告プランナー 宮坂登

  • 2018年9月5日

 この夏は今話題の「AI=人工知能」についての勉強会や講座に参加している。セミナーなどもシステムエンジニアやマーケッターに交じって聴講している。広告を生業としているわが身にとって、AIが広告にどのように結び付くのかに大きな興味があることがその理由だ。

 AIとは「予測」と「識別」が主だった役割とされていて、それらは機械学習がベースになっている。「予測」とは膨大な収集データを元にした「傾向」の割り出しのことで、特にマーケティング分野にAIを取り入れることで緻密な分析が可能となり、煩雑なルーティーン業務にかかる手間と時間を大幅に軽減できる。その分、広告の本質であるクリエイティブ=人でしかできない分野に長時間を確保できることがメリットだ。作業的な部分はAIに任せる一方で、クリエイターはAIが割り出したデータを駆使し、ユーザーの視点に立った顧客体験をどのようにデザインするか考えることが主業務となる。

 また、「識別」とは音声認識や自然言語処理、画像認識などの情報の仕分けを示す。手許にあるiMacプロには「Siri」というデジタルアシスタント機能が搭載されており、音声で呼び掛けることによって立ち上がる。人工知能が、意外と近くにあることに驚く。この数年のうちには暮らしの中にさらにAIが普及していくことが予測されている。

 筆者と同業となるが、AIコピーライターなるものが登場していて、大手広告会社では発想支援ツールとして活用しているという。AIコピーライターに作らせた膨大な数のコピーを元に、そのコピーの中に顧客側の課題を解決できるものがあるかどうかを、多くのクリエイターたちが検討し「選ぶ」仕掛けになっているらしい。一晩に数百本のキャッチフレーズを考え出していた若い時分と隔世の感がある。自信作と思っていたコピーが没になり、悔しい思いをすることなど日常茶飯事だったが、AI側はそのような感情は持つまい。

 旅行業界に当てはめてみたい。例えばAIの行動予測によって「この人は夜に旅行情報を閲覧していることが多い」と判別されれば、ユーザー側のデバイスに夜だけ旅行関連サイトの広告を配信することで、ユーザーの旅行への欲求をインセンティブすることができる。さらにその翌朝に格安の交通チケットなど、一歩先の関連広告を配信することで、予約へと誘導する仕掛けが考えられているという。やる気になれば個別の宿でも取り組める仕掛けでもある。興味を持つご担当者も多いことだろう。

関連する記事

打倒中国に燃えて一喜一憂したジャカルタで開催されたアジア大会。日本は中国に次いで2位の成績、久しぶりに韓国を金メダル数で上回った。強化策が実を結び2020の東京オリンピッ…

続きを読む

三方よしの名物イベント「和倉温泉~春花火~」 石川県の和倉温泉旅館協同組合は平成29年度から、春の花火イベントを開催している。従来の冬から時期と打ち上げ場所を変更。「お客…

続きを読む

台風21号は徳島県南部に上陸し、近畿地方に再上陸した。暴風雨により、鉄道、高速道路、航空も全てストップする事態も起き、甚大な被害をもたらした。中でも、瞬間最大風速が58メ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

温泉エッセイスト 山崎まゆみさんが来社!